東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

結婚式に間に合わせる矯正治療

歯ならびを気にして矯正治療を検討していても、金額や矯正器具が心配でなかなか治療に踏み切れない方も多いと思います。そんな決断をするきっかけの一つが結婚式です。結婚式では思い出に残る写真をたくさん撮る機会が増えるし、思い切って矯正治療を始めてみる方が最近は多くなっています。それでは結婚式を綺麗な歯ならびで迎えるには、どれ位の期間が必要になるのでしょうか?こちらでは、結婚式に間に合わせるための矯正治療について、タイミングや注意点などを説明していきます。

結婚式を挙げること決まったら、
できるだけ早く相談されることをオススメします。

まだ結婚式までは時間があるし、とか、矯正治療するかどうかもまだ悩み中なので…と矯正カウンセリングに行くことを躊躇する方も多いですが、ぜひ結婚式の予定が決まった時点で、あるいはそろそろプロポーズされるかも、という段階でも構わないので矯正カウンセリングは早めに始めたほうが良いです。なぜなら、矯正治療は始めることを決めたらすぐにスタートするわけではありません。

まずはカウンセリングを受けると担当医がお口の中をチェックして、問題点のリストアップと大体の治療について説明します。その後、希望すれば精密検査をしてアゴや歯の状態を調べて自分に合った治療方針を検討することになります。精密検査の結果が出て問題なければ、いよいよ治療開始日を相談します。治療開始日までに自分用の矯正器具を用意してもらって、やっとスタートすることができるのです。ここまでの行程は人によっても違いますが、矯正カウンセリングを受けてから精密検査、検査結果を経て矯正治療がスタートするまで大体2カ月くらいかかります。

ですので、ギリギリにカウンセリングをうけても結婚式までに間に合わない!ということになってしまう恐れもあるのです。矯正治療をするかどうか悩んでいる間でも検査結果をだしておくところまでは無料で進めておけますので、まずは早めにカウンセリングを受けておくことをオススメします。

結婚式前の矯正治療だからといって特別な歯科医院で治療を受ける必要はありません。
通常の矯正歯科にカウンセリングに行きましょう。しかし、結婚式前の矯正治療を快く受け入れている歯科医院か?また、結婚式前の矯正治療に慣れている歯科医院か?という2点は確認しておいたほうが良いでしょう。

例えば、矯正治療は通常2年ほどかかることが多いですので、結婚式前に矯正治療を開始しても完了しないことはよくあることです。このとき、ワイヤーなどの矯正器具を装着したままではせっかくの記念写真が目立ってしまうため、結婚式の間だけ一時的に矯正器具を外しておくようにします。しかし、医院によっては矯正器具をいったん外して結婚式後に装着しなおす時に追加費用が発生してしまう医院もありますので注意が必要です。また、先生によっては、結婚式でも矯正器具をいったん外してくれない場合もありますので事前に確認しておく必要があります。いずれにしても、大切な結婚式のために矯正治療をうけるんだ、ということをよく理解してくれて、追加費用などは請求せず、希望に応じて矯正器具を外してれる歯科医院で治療を受ける方が良いと思います。

また、これまで結婚式前の矯正治療を多く行ってきたかどうかも重要になります。単純に結婚式の写真をきれいに撮りたいと言っても、最近では結婚式に先駆けて前撮りなどの写真撮影を行う方が多くなっています。前撮りの日程も早めに確認しておかないと間に合わない恐れがあります。また、結婚式の前に歯ならびだけでなくホワイトニングも希望される方も多くおられますので、全体のスケジュールなどもちゃんと逆算して治療計画をたてる必要があります。

このあたりの細かい希望は本人が自己責任で事前に相談することが必要なのですが、結婚式は事前の準備が大変でなかなか自分の歯について考える時間はとれません。相手の親との顔合わせや、友人への報告、式場の打ち合わせなどを終えてやっと落ち着いたころでは間に合わなくなってしまう場合も多いのです。ですので、結婚式までの流れを理解していて、患者様の希望を前もって予想しておいてくれるような、結婚式に慣れている先生であるほうが任せておけますので安心できると言えるでしょう。

分かりづらければ、何件か相談してみるのも良いでしょう!ただし、あまり多くの医院に相談しすぎると結婚式までの期間がなくなってしまいます!できればホームページなどで事前情報を集めて、2,3件くらいに絞ってから相談に行くようにすると良いと思います。雰囲気を知るためにメール相談などを行っている医院であればあらかじめ相談しておくのも手です。

最近よく使用される矯正器具は①表側の矯正装置②裏側の見えない矯正装置③付け外しのできるマウスピース型の矯正装置、の3種類になります。もちろん結婚式前でもすべてのタイプの矯正器具を選ぶことは可能ですが、当院では①の表側の矯正装置をオススメしております。その一番の理由は治療期間です。

結婚式前に矯正のカウンセリングを受ける方は結婚式まで3カ月から10カ月くらいとギリギリに相談に来られる方がやはり圧倒的に多いです。このような場合は、矯正治療を急いで少しでも綺麗な歯ならびで当日を迎えることができるように目指します。3種類の矯正装置の中では表側が圧倒的に治療スピードは速いです。

そもそも②の裏側矯正や③のマウスピース型矯正装置はご自身の歯の形に合わせてオーダーメイドで矯正装置を作成するのが一般的です。このオーダーメイドは平均して1カ月半~2カ月かかるため、既製品でスタートする表側矯正に比べるとどうしてもスタートダッシュで差がでてしまうのです。大体結婚式までの期間が6カ月以内であれば絶対に表側矯正をオススメします。他のタイプの矯正装置では最悪ほとんど改善していない可能性もあります。表側矯正は目立って恥ずかしいし…と悩む気持ちはよくわかりますが、結婚式のために矯正治療をすると決めたのに結婚式で治ってなければ本末転倒になってしまいます。担当の先生とどれ位まで治ってたらよしとするのか、などよく相談して決めるようにしましょう。

もちろん、結婚式までに余裕をもってカウンセリングを受けられる方の場合は好きな矯正器具を選んでいただいて問題ないと思います。

当院では結婚式の直前に矯正器具をいったん外して、式が終了してから改めて矯正器具を再装着する方法をオススメしていますが、その際には特に追加料金を頂くことはありませんのでご安心ください。しかし、他にも追加料金がかかる場合もあります。

例えば、抜歯をしてからの矯正治療が必要な場合、治療の進行具合によってはまだ抜歯した部分のすき間が残ってしまっていて、すきっ歯みたいになってしまっている時期があります。このタイミングで結婚式を迎える場合には、すきっ歯を一時的に隠すために、仮の歯ですき間部分を埋めることで目立たなくすることができます。こちらは別途料金が発生して、1本あたり5,000円(税抜)かかります。

また、歯ならびはとりあえず綺麗になったものの、歯の色が悪く一本だけ黒くなってしまっている方がたまにいます。これは神経が死んでいるために黒く変色しておりホワイトニングでは白くなりませんので、セラミックラミネートべニアなどの白いかぶせ物で目立たなくします。しかし、ラミネートべニアなどは最終的な歯ならびにあわせて作成するため、矯正途中であればセラミックを装着することはできません。この場合には、一時しのぎとして歯のマニキュアのような白い液体を塗っておくことで目立たなくすることができます。こちらは材質にもよりますが、2000円~5000円(税抜)程度になります。

結婚式の日取りが決定!→矯正カウンセリング
おめでとうございます!これから忙しくも楽しい毎日だと思いますが、早めに矯正のカウンセリングを受けるようにしましょう!カウンセリングでは結婚式の日取りだけではなく、前撮りの有無やホワイトニングの希望など、わかってる範囲で出来るだけ詳細に予定を伝えるようにしましょう!

精密検査、検査結果
具体的な治療方針や治療費用を決めるために精密検査をします。精密検査ではレントゲン撮影をしてアゴの形などに異常がないか調べたり、歯型を取って一つ一つの歯の大きさや咬み合わせを調べます。検査をすると治療スケジュールが確定するので、結婚式のときにはどんな歯ならびになっているかも大体分かりますよ!検査してから検査結果の説明を聞けるまで大体2週間くらいが必要になります。

治療スタート!
いよいよ矯正器具が装着されて歯が動き始めます!装着して直後の2,3日は鈍い痛みが出ることがあります。お肉などのかたい食事などは食べづらくなりますのでスタート直後には結婚式場のメニュー試食や会食などは予定に入れないようにしておきましょう。

スタート3か月後
ちょっとだけ歯ならびが良くなってきますよ!細かいデコボコは結構目立たなくなるし、大きくデコボコしていて奥に隠れている歯も見えてきたりします。でもまだまだきれいな歯ならびにはもう少し!この段階で結婚式の人だと一旦ここで矯正治療はストップ。治療はまだまだ初期段階ですが、元々の歯ならびに比べると結構きれいに見えると思います!

スタート5か月後
かなり綺麗になってきます!素人目にはかなり綺麗な歯ならびに見えるようになるし、実際に周りの人からもすごく変わってきたって反響を受ける方が多くなってきます!でもまだ歯を抜いたすき間が目立っているので、この段階で結婚式の人は担当の先生にお願いして、すき間を隠すための仮歯をつけてもらうようにしましょう。

スタート10か月後
もう歯ならびは全然きれいです。すき間などは少し残っているものの奥歯のほうなので、ほとんど目立ちません!そろそろ結婚式が近づいてきたら、矯正器具は外してもらいましょう。

矯正器具を外して、ホワイトニング開始
歯ならびが綺麗になると、嬉しくなってもっと歯をきれいに見せるためにホワイトニングを希望する方も多いです。ホワイトニング希望の場合は前もって伝えておくようにしましょう。

前撮り
前撮りはできるだけ結婚式の直前のスケジュールにしておくのがポイントです!

結婚式当日
ついに結婚式!おめでとうございます! 私のときは久しぶりに会う友人たちから以前と歯ならび全然違う!って褒められました!

矯正再開
結婚式を終えた後は矯正治療の再開です。私のときは新婚旅行が終るまで待ってから矯正装置を再装着しました!おかげで旅行中は美味しくご飯を食べることができて良かったです。 素人目には、もう全然きれいだけど、今度は見た目だけではなく、咬み合わせなどもしっかり治してもらって完了を目指します!結婚式を終えて、妊娠などを計画されている人は早めに相談しておくようにしましょう。

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点

新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る