東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

ORANGE BLOG:歯科矯正の効果

矯正しない国、日本。海外での「矯正」の評価とは?

488c3a9e8b2bfc8fbfad3c88065c5749_f86-890x500

日本に住んでいる外国人のなかには、「日本人の歯並びは悪い」と思っている人が多くいるようです。これは、ほかの国と比べて、日本人に歯科矯正治療をする人が少ないということを意味しています。

諸外国、特に欧米では歯並びが悪い場合、子どものころから矯正治療をする風潮があります。近年日本でも矯正治療に対する意識は高まりつつありますが、実際に治療を受ける人は、欧米諸国に比べてまだ少ないのが現状です。

なぜ欧米では矯正治療が幅広く普及しているのか、なぜ日本では消極的なのか、「矯正」に対する評価の違いを見ていきましょう。

歯並びに対する意識の違いと文化的背景

歯並びに対する意識は欧米と日本で大きく異なります。日本の場合口の中というものは、あまり他人に見せるものではないという意識があり、口元を隠したり、歯を見せるのを躊躇したりすることが多くあります。文化的にも、あまり自己主張せず、控えめにすることが重視されてきたため、人前で大きく口を開けて笑うことが少なかったとも考えられます。

一方欧米では、会話のときに表情やジェスチャーも加えて自分の主張を相手に伝えるのが一般的です。そして、笑顔のときには歯を見せて信頼関係を築く、「歯を見せる文化」があります。そのため、きれいな歯並びにはとてもこだわります。歯並びが悪い人は社会的に信頼できないイメージを与えることさえあるのです。

また、欧米文化の特徴のひとつ、ハグやキスといったスキンシップにも、欧米人が歯並びに気を遣う要因があります。このような行為は相手との距離が非常に近くなるため、歯並びが悪いと、歯に気を使っていないと思われ、「口臭があるのではないか」と考える人もいるようです。実際、歯並びが悪ければ、ブラッシングがうまくいかないことも多く、口臭が発生する原因にもなります。スキンシップが多いからこそ、衛生的な観点からも欧米人は歯並びを気にするのです。

日本の場合はこのような近距離のスキンシップの文化はなく、一定の距離を保ったコミュニケーションが多くなっています。これも日本人が歯並びをあまり重視しない理由のひとつかもしれません。

矯正治療の費用も治療を受ける妨げ?

矯正治療にかかる費用は、日本でも諸外国でも高額になることに変わりはありません。もちろん、症状や矯正方法によって変わりますが、日本では60万円から140万円程度、韓国では30万円から100万円程度です。日本はほかのアジアの国々に比べて治療費が高い傾向にあります。矯正治療が盛んなアメリカでは80万円から160万円程度と日本よりも高額になっています。

日本では、この高額な治療費も矯正治療を受ける際のネックになっている部分があります。世界でも有数の国民皆保険制度を持つ日本ですが、残念ながら一部の症状を除けば、矯正治療は保険の適用になっていません。つまり、国が歯並びの悪さを疾病と認めていないわけです。

一方、矯正大国といわれるアメリカの場合、国民皆保険制度はありませんが、民間の保険会社が多数あります。そのほとんどの保障対象に矯正治療が含まれています。これにより、保険に加入している人は低額あるいは無料で矯正治療を受けられるのです。アメリカ社会全体が矯正治療をすることが当然と考えていることがわかります。

これは、アメリカで歯科矯正が保険の対象になっているから治療を受ける人が多いというわけではありません。逆に、矯正治療をすることが当然なので、保険が適用されているのです。

この日本とアメリカの矯正治療に対する社会的認識の差こそ、保険が適用になるか、ならないかの差なのです。日本の場合は、ほぼ自己負担で治療費を支払わなければならないことが、治療を躊躇させる大きな要因のひとつといってよいでしょう。

日本の意識にも変化、海外での「矯正」に対する評価に近づいている

日本と海外の矯正に対する意識は、文化的な違い、社会の認識の違いなどで評価が大きく分かれています。海外では、歯並びの悪さを大きなイメージダウンとして捉え、矯正をすることを当然と考えています。一方、日本ではこれまで歯を見せるというコミュニケーションが少なく、社会全体が歯並びの悪さによって、その人が大きくイメージダウンすることがなかったのです。極端なたとえでいうと、日本においても前歯がたくさん抜けていて1本しかない人がいたとします。その人がどんなに知的なことを話していたとしても、なぜこの人は前歯がないのを放置しているのだろう?食生活に苦労はしないのだろうか?歯医者に行くお金がないのだろうか?ふだん歯磨きをしない不潔な生活をしているのだろうか?といった疑問がわいてきますし、その人の人間性や社会的信頼度を考えるときにはどうしても影響を受けてしまうと思います。そこまで極端ではないにせよ、海外の方が歯並びの悪いままにしている日本人を見るときには同様な感覚を感じているということです。

しかし、近年のグローバル社会のなか、その意識は大きく変わってきています。日本でも歯並びを気にする人は年々増加していて、矯正治療を受ける人も、特に20代の女性を中心に増えてきているのです。これは、アメリカで開発されたワイヤーを使用した矯正方法のほかに、外見上わかりにくいマウスピース矯正や裏側矯正が導入されたことも一因です。

そして、お金をどこに使うかという意識の変化によるところも大きいのではないでしょうか。車を買う、ブランドバッグを買うという使い方から、自分への投資という使い方に変えている人が増加しています。矯正治療も、知識を得たり、自分を磨くことと同様、自分への投資と考える人が多くなっているようです。

「矯正」という治療が、日本でも海外と同様に評価され始めている現在、いま一度、その目的をよく理解しておくことも重要なことです。歯並びが悪いという見た目の問題も大切なのですが、矯正治療の目的はそれだけではありません。口の健康を保つという大きな目標もあるのです。

コンプレックスをなくす外見上の問題、そして、健康な口腔内環境を手に入れること。これらを達成するには、どの矯正方法においても、質の高い治療を受けることが非常に重要です。矯正治療に精通した歯科医師とよく相談をして治療をすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点
新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る