東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

ORANGE BLOG:矯正の不安・お悩み

高額な歯科矯正治療費用は分割払いで負担軽減を

696a7e53b2c1de0d9d63a4f52a3f9f9f_f65-890x500

歯科矯正治療は医療保険が適用になるケースが少なく、治療内容によっては高額になることもあります。ご自身やお子さまの矯正治療を早めに始めたくても、費用面で躊躇している場合があるかもしれません。そのような場合、医療機関では患者さんの負担を軽減できるように、分割払いという選択肢を用意しています。また税制面でも、医療費控除により控除額が還付される可能性もあり、実質の治療金額が抑えられる場合があります。

将来的にお口の健康を実現し、心の負担を取り除くためにも、矯正治療は必要です。今回は、費用の面で躊躇せずに治療を検討しやすくなる分割払いの種類や、医療費控除のことについてご紹介していきましょう。

矯正治療はなぜ高額なのか

矯正治療は、数十万円の治療費がかかる場合も珍しくありません。その理由は、前述のとおり医療保険の適用にならない「自由診療」だからです。

矯正治療の自由診療と保険診療の違い

医療保険の適用となる条件とは、非常におおまかに言ってしまえば、疾病とみなされる症状に対しての治療です。つまり、国が病気であると認めたものに関しては、その治療を行うとき、医療保険が適用されます。その場合、患者さんは治療費の1~3割(年齢や所得によって割合が異なります)を負担し、残りを国が負担することになっています。歯科の領域でいえば、虫歯や歯周病などが保険診療の対象です。

一方、矯正治療は自由診療になるケースが多くあります。それは、歯並びの悪さを矯正するのは、見た目を改善する目的が強いという認識からです。美容整形と同様に、疾病とみなされない部分が多いのです。

ただ、一部の治療では保険が適用になることもあります。顎骨(アゴの骨)の異常により、外科手術を要する場合のほか、唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ:唇や顎などに先天的に裂けめがあること)など、厚生労働大臣が定める50種類の疾患のいずれかが原因で行われる矯正治療の場合です。

矯正治療を検討している方は、自分の症状について、歯科医院で一度相談してみてください。もしかしたら、保険が適用になることがあるかもしれません。また、同じ自由診療でも治療内容によって治療費は大きく変わってきます。治療内容や費用について知ることが、矯正治療を始める第一歩となります。

分割払いで予算の心配を軽減

矯正治療を受ける場合、多くの歯科医院で分割払いを選択できます。一括払いの場合は、ボーナス時期やお金に余裕ができるまで治療を控えることもあるかもしれませんが、分割して少しずつ支払う方法をとることで、もっと早期に治療開始ができるのです。分割払いには主に下記の2種類があります。

医院内分割払い

毎月の通院時に分割した治療費を支払う方法です。医院内分割はわかりやすく説明すると信用払いということです。昔は治療を始めた日に全額を支払うのが基本でしたが(大学病院などは現在もこのパターンです。)、矯正治療費用は高額であること、治療通院期間が長いことから、患者の支払い負担を減らすために考えられたシステムです。矯正治療は医院側と患者側の信頼関係が必要な治療ですので、信頼してるから支払いはゆっくりで良いよ、と医院側が提供するサービスとなります。支払い回数は医院によって上限が違いますが、治療期間内に支払い終わる設定がほとんどのため、大体6カ月から2年までの支払い期間になっているようです。金利手数料はかかる場合とかからない場合があります。

医院内分割払いでは、現金払いはもちろん、クレジットカードや銀行振り込みにも対応していますので、利用しやすい支払い方法だと思われます。

デンタルローン

もう1つの分割払いの方法として、デンタルローンという支払方法があります。これは医院内分割が医院と患者の2者の間での契約なのに対して、契約する医院と患者の間でデンタルローン会社が仲介するサービスになります。医院内分割に比べると比較的支払い期間が長くなる傾向があります。大体5年程度60回払いくらいまでの支払いが可能になりますので、月々の支払額を抑えたい方に適した支払い方法といえるでしょう。デンタルローンは大手銀行の子会社が展開していることが多く、要はカーローンなどと同じで銀行から借金するのと同じ意味になります。医院と患者の信頼関係で成り立つ医院内分割とは違い、法的な書類で契約書を結びます。もちろん支払いが遅延すると遅延金請求などが法律に従って行われますので注意しましょう。(注意:医院内分割だと支払いは適当でいいわけではありません笑 ただし、医院との関係なので支払いが厳しい月に相談することなどは可能だと思います。)

デンタルローンは、月々の支払いは銀行引き落としのみになります。また、ローン契約ですので、申し込み時には審査が必要ですし、分割払いの回数に応じて金利手数料も発生しますのでトータルの支払い費用は少し高くなってしまいます。

金利手数料は利用するデンタルローン会社や支払い期間によって変わりますので、医院に問い合わせてみると良いでしょう。

矯正治療は医療費控除の対象になることも

分割払いは、治療費の負担を月々に分散でき、矯正治療への一歩を踏み出しやすくなる方法です。しかし、支払う総額は一括払いと同額か、デンタルローンの場合は金利手数料の分、多くなります。

そこで、覚えておきたいのが、医療費控除制度です。ご存知の方も多いかもしれませんが、この制度は1年間に一定額以上の医療費を支払った場合、所得額に応じて還付が受けられるというものです。

例えば、年収500万円の人が年間医療費に50万円かかったとします。保険金で補填されない場合、医療費控除の金額は、「実際に支払った医療費の合計額-10万円」という計算式で導き出され、40万円となります。これに年収500万円の所得税率20%を掛けると8万円、これが還付金として戻ってきます(還付にはそのほかの条件もあります)。

医療費控除を受ける方法は、確定申告です。年末調整では控除できませんので、会社員の方も医療費を一定額以上支払った場合は確定申告をして、医療費控除を受ければ、還付が受けられます。

自由診療でも医療費控除が受けられる?

矯正治療は医療保険が適用されないケースが多いと先に述べましたが、自由診療でも条件により医療費控除は受けられる場合があります。その条件とは、発育段階である子供の成長を阻害しないための矯正治療や、成人の噛み合わせ障がいの改善につながる矯正など、医師が必要と認めた場合です。申告には医師の診断書が必要なケースもありますので、あらかじめ担当医師に相談しておくことをおすすめします。

経済的負担を少なくお口の健康を実現

費用が高額になることもある矯正治療ですが、このように分割払いや医療費控除の制度を利用することで、経済的負担の軽減が可能になってきます。

治療費の問題で矯正治療をためらっている方は、ぜひ、一度ご相談ください。矯正治療はこれからの生涯を健康に過ごすために有効な手段でもあります。なるべく早い時期に、なるべく少ない負担で、お口の健康と心の負担の解消を実現していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点
新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る