東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

ORANGE BLOG:歯科矯正の効果

歯並びが悪い原因とその影響について 歯並びを治療することのメリットを解説

077cd37a6000c864a185ab84394a3f23_f66-890x500

歯並びの悪さで悩んでいる方の多くは、見た目の問題を気にされます。コンプレックスを感じている方も少なくないでしょう。もちろん、外見の問題も気になりますが、実は歯並びの悪さは食べ物をよく噛めなかったり、虫歯になりやすかったりするなど、さまざまな健康リスクにも結びつくのです。

口の中の健康を損なうリスクが大きい歯並びの悪さは、なぜ起きてしまうのでしょうか。その原因と治療方法などをご紹介していきます。

 

歯並びを悪くする主な要因とは?

歯並びが悪くなってしまうのには、さまざまな要因があります。大きく分けると遺伝的な要因と生活習慣による要因があります。それぞれを見ていきましょう。

遺伝的な要因

遺伝的な要因によって、生まれつき歯やアゴが小さかったり大きかったり、歯やアゴの形が変形している場合などがあります。そのほか、生まれつき歯の欠如や過剰歯があることもあります。

遺伝的な要因の場合は、親も同様の悩みを抱えていたことが多く、早いうちから気付いて幼児期に歯列矯正治療の相談を受けさせることが多いでしょう。

生活習慣による要因

後天的な原因として、歯は長い間負荷をかけ続ければ歯の位置が動くことが分かっています。そして負荷が変な方向にかかることによって歯並びが悪くなります。例えば、指しゃぶりを続けたりした場合です。また、逆にかかるべき負荷が少なすぎても歯は動きます。幼児期に口呼吸が癖になってあまり唇を閉じていなかったりすると唇で抑えることができなくなり前歯が出っ張ってくることもあります。他には、固いものを噛むことが少ないときにはアゴの発育が不十分になり、歯並びが悪くなる原因となります。

成人になってからも歯周病や虫歯を治療しないでいると、歯を支持する骨の状態が悪くなり、それまでは問題のないレベルだった負荷に歯が耐えられなくなって歯並びが悪くなってしまうことがあります。

口の中の異変は痛みがないときには気が付きにくいものなので、常にチェックする習慣を身に付けてください。

歯並びの悪さで口腔内の健康を損なう恐れも

歯並びが悪いことを専門用語では「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。文字通り、噛み合わせが悪い状態であるということです。先にも述べたように、不正咬合は外見の問題も大きいのですが、口腔内の健康を損なってしまうという問題も非常に大きいのです。どのようなリスクがあるかご紹介しましょう。

よく噛めない

噛み合わせが悪いと、十分に咀嚼することが難しい場合があります。食べ物を十分に噛めないと、丸飲みになってしまい内臓に負担がかかることもあります。

発音が不明瞭

歯は発声に重要な役割を担っています。不正咬合の場合、発音が不明瞭になり、聞き取りにくくなることもあります。また、不正咬合によって口の周りの筋肉の機能が落ちていることもあるので、それも発音に影響することがあります。筋肉の機能が落ちている場合は訓練により改善できます(口腔筋機能療法)。

虫歯や歯周病になりやすい

虫歯や歯周病を予防するには、毎日正しい方法でブラッシングすることです。しかし、不正咬合だと、どうしてもブラッシングが難しい部分もあり、その部分から虫歯や歯周病が発生する確率が高くなってしまいます。磨き残しがあれば、口臭の原因にもなります。

顎(アゴ)の関節に負担がかかる

アゴの周辺に現れる病気のひとつに「顎関節症(がくかんせつしょう)」というものがあります。「口が開きにくくなる」「アゴの関節が痛くなる」などの症状が現れる疾患です。不正咬合の場合、噛み合わせが悪く、アゴの関節に負担がかかるので、この顎関節症になりやすいことがあります。

治療を検討するべき不正咬合とは

不正咬合は、軽度で機能的に問題がなく、外見上も気にならないときには、歯科医師の判断により、治療の必要がないとされることもあります。しかし、将来的に歯を失ってしまうリスクがあったり、審美的な問題があったりする際は積極的な治療をおすすめします。では、治療を検討すべき不正咬合とは、どのようなものでしょうか。そのいくつか代表的なものをご紹介します。

叢生(そうせい)

乱ぐい歯、八重歯などともいわれ、通常の歯並びから突出している歯がある状態です。重なっている部分に歯ブラシが当たらないことが多く、虫歯や歯周病になりやすい状態です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯と言われる状態です。上顎の前歯が前に出ていて、唇が閉じにくく、唇や口の中を自分の歯で傷付けてしまうことがあります。

反対咬合

一般的には「受け口」と呼ばれることが多いです。下の歯が前の歯よりも前に出ている状態で、噛み合わせが悪いだけでなく、発音も聞き取りにくいことがあります。原因としては遺伝や病気により下アゴが発達しすぎる場合や、上アゴの発育が悪い場合などがあります。アゴの大きさだけが原因ではなく、乳歯の生え変わりがうまくいかないことで軽度の反対咬合が起こることもあります。

開咬(かいこう)

前歯が噛み合わない状態です。食べるときに前歯で噛み切ることができないので、奥歯を使うことが多くなりアゴに負担がかかります。また、前歯から空気が抜けやすいため、発音が聞き取りづらいケースが多いです。

症状に合わせた治療が必要

不正咬合の治療は基本的に歯列矯正によって行われます。歯やアゴの位置を、器具を使用して徐々に動かし、移動が終了したらその位置から動かないようにする「保定(ほてい)」という処置をします。

現在の歯列矯正はさまざまな器具が発達していて、歯の裏側にワイヤーを付けるもの、マウスピース型のものなど、成人でも外見上あまり目立たせずに治療できるようになりました。しかし、症状によって使用できる器具が制限されたり、矯正治療の前に抜歯が必要になったりする場合もあります。歯列矯正は症状に合わせた治療を行うことが大切で、その内容は多岐にわたり、非常に専門的です。専門性が重視される分野だからこそ、歯科矯正治療は専門の歯科医師に担当してもらうことをおすすめします。

歯並びは見た目だけではなく、将来の健康にも大きな影響を与えます。長年悩んでいる方も一歩踏み出して、まず、金額のこと、治療のこと、不安なことを矯正医に相談してください。豊富な経験から症状に合った提案してくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点
新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る