東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

ORANGE BLOG:症状別の矯正

受け口の悩みを歯列矯正で解消、症状に合わせた治療をご紹介します

no_image

歯並びが悪いことを、専門用語では不正咬合(ふせいこうごう)といいます。不正咬合の種類には、叢生(そうせい)といわれる乱ぐい歯、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といわれる出っ歯などさまざまあり、「受け口」もそのひとつです。

受け口は下の顎が上の顎よりも突出していて、噛み合わせたときに下の歯列が前に出てしまうことから、「反対咬合」や「下顎前突(かがくぜんとつ)」などとも呼ばれています。日本人の不正咬合に占める受け口の割合は約2.4%、1位の叢生は約44.3%ですから、受け口の不正咬合に占める割合はかなり少ないといえます(平成23年厚生労働省調査)。

しかし、全体からすれば少ない数字でも、受け口は深刻に悩んでいる場合が多い印象を受けます。ほかの不正咬合は、口を開かないとわからないことが多いのに対し、受け口は外見からそのことがわかってしまうという理由もあるでしょう。

受け口は審美的な問題もありますが、噛み合わせによる口の健康問題の原因ともなります。どちらも歯科矯正治療により、解消することが可能です。今回は受け口の要因やどのような治療方法があるのかご紹介していきます。

受け口の要因

受け口になる要因は、遺伝による先天的なものと、幼児期の癖や歯の生え変わりなどによる後天的なもの、病気によるものに分けられます。それぞれを解説していきましょう。

遺伝的要因

受け口は遺伝することがあります。もちろん、親が受け口だとしてもその子供が100%受け口になるわけではありません。歯並びという形質が受け継がれるには、さまざまな要因があり、個人差もありますので、現在でもどれくらいの確率なのかはよくわかっていません。しかし、出っ歯やデコボコに比べると受け口は非常に遺伝性が強い性質があることが知られています。まだ幼少期でこれから受け口になるのか不明な時には歯科医院では家族の受け口度合いを確認します。家族に受け口の人が多いほど、受け口の度合いが強いほど遺伝性は強い可能性が考えられます。余談ですが、かつて中世ヨーロッパ時代にハプスブルク家という上流階級の一族がいました。ハプスブルク家の記録を調べると、この一族には受け口の人が非常に多いことがわかりました。これがきっかけとなり受け口の遺伝性の強さについて医学的研究が進むようになったのです。

幼児期の癖による要因

幼児の成長期の癖でも受け口になることがあります。特に大切なのは舌の位置で、舌の位置が通常よりも下に位置している人は食事や唾液を飲み込むときに舌が下の前歯を押してしまい、受け口になりやすくなるのです。舌の力により、下顎の歯列は前や横に広がり、逆に上顎の歯列は頬の圧力で狭まってしまいます。

アレルギーなど慢性的な鼻づまりでも、舌の位置がずれることがあります。鼻呼吸が困難になり、口呼吸を続けていくと舌の位置が下にずれてしまいますので、お子さんの鼻づまりが長引いている場合は、歯並びに影響することもあるので要注意です。

歯の生え変わりによる要因

乳歯から永久歯に生え変わるときに、アゴが小さくて歯が生えるすき間が足りないと、正常な方向に永久歯が生えてこないことがあります。下の前歯などが前に出た異常な状態で生え変わると、前歯同士があたってしまい、奥歯でご飯が食べられないため、幼児は下アゴを前に出して咬む癖が出てしまいます。最初は下アゴを一時的に出しているだけでも、そのうち環境に適応する形で下アゴの形が成長して、本当の受け口になってしまうことがあります。このような場合には出来るだけ早期な矯正治療が必要になります。

病気による要因

病気によって受け口になる場合もあります。例えば、脳下垂体の腫瘍などが原因で発症する「アクロメガリー」という病気があります。「先端巨大症」とも呼ばれ、成長ホルモンの過剰分泌により、舌や顎などが肥大化します。顎や舌が大きくなるので噛み合わせが変化し受け口になることがあります。アクロメガリーになることは非常にまれですが、大きくなりすぎると手術などを併用する必要があることもあるため要注意です。

受け口の治療法

受け口の治療にはいくつかの方法があります。症状や矯正治療を始める年齢によっても治療法に違いがあります。

症状が軽度な場合、生え変わりや幼児期の癖が原因の場合

矯正治療は受け口も含めて、乳歯から永久歯に生え変わり中の混合歯列期に始めると治療がしやすいといわれています。この時期であれば、歯を動かすだけでなくアゴの成長にも関与することで矯正治療を有利に進めることができるからです。受け口の症状が軽度である場合には混合歯列期に治療を行ってあげると比較的早期に治ります。また、生え変わる最中には咬み合わせの状態がどんどん変化していく環境のため、生え変わりの異常があった場合にも早期に改善すれば、また正常なアゴの成長方向に戻すことができます。また、混合歯列期は年齢でいうと8歳~12歳程度で、ちょうど爪を噛んだり、舌をだしたりといった幼児期の癖が定着しやすい時期です。この時期に歯並びが悪くなる原因になりやすい癖がついてきている場合には早期に癖を治すことで自然に歯並びが良くなってくることもあります。

成人の場合は混合歯列期と違ってアゴの成長をコントロールすることで受け口を治すことはできないため、歯を動かすことだけで受け口を治すことになるため、混合歯列期よりは治療が困難になります。しかし、軽度の受け口の症状であれば、歯にワイヤーを装着して歯を動かすマルチブラケット装置によって改善が可能です。現在では、歯の裏側に装着するタイプなど、あまり目立たないタイプのものもあります。

遺伝性が強い受け口と予測される場合

遺伝による先天的なものが原因の場合は、矯正治療がむつかしくなります。なぜなら、下アゴの成長は大体18歳くらいまで続きます。そのため、成長が終るまでの間に矯正治療を行って一時的に歯並びが治っても、下アゴがさらに成長することで受け口が再発しまうことがあるからです。これでは矯正で治しては下アゴが成長して、とイタチごっこになってしまいます。このような場合が予測される遺伝性が強そうな患者の場合には、下アゴの成長が終る18歳ごろまでは矯正治療を待つ必要がある場合があります。

症状が重度の場合

重度の受け口になると歯を動かす矯正治療だけでは改善できない場合があります。このように場合には、大きくなりすぎた顎を一部切除して小さくするような外科手術が必要になります。外科手術が必要になるほど、アゴの成長が大きすぎたり小さすぎたりすることを顎変形症(がくへんけいしょう)と呼びます。

矯正治療は医療保険が適用されない治療がほとんどですが、顎変形症の手術とその後の矯正治療は、保険が適用になります。顎変形症治療の矯正パートはクリニックでも可能ですが、外科手術の際には必ず入院施設のある病院に通院する必要があります。矯正パートは矯正歯科医師が、外科手術パートは口腔外科医師が担当するため、2人の主治医をもつことになります。それぞれ別の医院で治療を受けることも可能ですが、やはり両ドクターの意思疎通が治療成功のポイントになってきます。ですので、同じ医療機関に矯正歯科医師と口腔外科医師が同時に在籍し、常にお互いコンタクトできるような病院が顎変形症治療の環境としてはベストです。両方のドクターが常勤している病院などの施設をおすすめします。

顎変形症の手術とそれに伴う矯正治療は医療保険が適用になりますし、1カ月間の治療費が高額の場合には支払いが免除される高額療養費制度の対象になることが多く、支払い費用の減額が期待できます。手術代や入院費も含めて、概算で30~40万円前後でしょう。

また、適用できる症例は限られますが、どうしても手術を受けたくない場合には、ミニインプラントといネジを利用することで通常のブラケット矯正より大きく歯を動かすことで重度の受け口を治す治療を選ぶことができる場合もあります。

受け口が健康に及ぼす影響

受け口で悩んでいる方は、まず外見上の問題を挙げる傾向にありますが、全身の健康にも大きく影響を及ぼすことがあります。

歯が抜けやすくなる

前歯で食べ物をまったくかみ切ることができないため、奥歯に過度の負担がかかることになります。また前歯が反対になると、歯が抵抗力の弱くなる方向から無理な力がかかるため、将来的に歯が抜けやすくなるリスクが増大します。

顎関節症

咬み合わせが通常と逆になるので、顎の関節に負担がかかり顎関節症になることがあります。この病気になると、口の開け閉めのときに変な雑音が聞こえたり、ひどくなると口が開けずらくなったり、アゴに痛みが生じたりする症状が現れます。

内臓への負担

受け口の方は日常生活では、特に意識をしていない方も多いかもしれませんが、咬み合わせが悪く、咀嚼(そしゃく)が十分にできていない場合があります。十分な咀嚼ができていないと、胃や腸などの消化器に負担をかけてしまいます。

口の中の環境悪化

受け口に限らず、不正咬合の方は一般的に口腔内の環境が悪くなる傾向にあります。ブラッシングなどが届かない部分があったり、歯間を磨くのに苦労したりする場合があるからです。その結果、虫歯や歯周病などのリスクが高まることがあります。

受け口の治療で全身の健康を

このように、受け口は健康にもさまざまな影響を及ぼす可能性があります。若いうちはまだ体が元気なので、意識することはないかもしれませんが、病気になったときや、高齢になったときに不便を感じることもあるでしょう。

噛むことや口の環境は全身の健康と密接なつながりを持っています。受け口の治療は、外見上の悩みを改善するとともに、健康のためにも重要な役割を果たしているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点
新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る