東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

ORANGE BLOG:矯正の不安・お悩み

矯正治療後に後戻りしたら?再治療についてのポイント

b318353f1c85cb1529bf55f0c336673a_f76-890x500

時間と費用をかけて挑んだ矯正治療に対して、「歯並びが元に戻ってしまうのではないか?」と不安に思われる方も少なくないことでしょう。しかし、実際に治療後の後戻りはあり得ることであり、あまりにも気になるようであれば再治療が必要になります。

そこで今回は、後戻りの原因や再治療のポイントについてお話ししていきます。すでに矯正治療を受けた方、これから治療を受ける方は、ぜひ今回の記事をお役立てください。

矯正治療後の後戻りは起こり得る

数年単位におよぶ時間と高額な費用をかけて矯正治療を受けると、その歯並びをできるだけ長く保っていたいものですが、残念ながら治療後の後戻りのリスクは否定できません。

後戻りが起こる原因としては、以下のようなものがあります。

  • 不適切な治療を受けていた

矯正治療が不適切・不十分であった場合、後戻りのリスクが高まります。ただし、適切な治療を受けていても後戻りは多少なりとも必ず起こってしまうものです。

  • メンテナンスをしっかりしていなかった

矯正治療後は歯並びが不安定な状態にあり、後戻りを防ぐために2年間ほどの保定期間が必要です。一定期間、保定装置を装着することになりますが、着け忘れていたり装着時間が足りなかったりすることを原因に、後戻りが起こるケースがあります。また、後戻りの兆候がないか確認するために、定期検診を受ける必要がありますが、これを怠ると後戻りが起こってしまいます。

  • 舌の癖やかみ癖などに問題があった

舌の癖やかみ癖なども、歯並びを悪くする原因だと考えられています。そのため、仮に矯正治療で歯並びを整えてもこれらの癖が改善されていなければ、再び歯並びが悪くなってしまうケースがあります。

こうして考えていくと、後戻りには日常生活が大きく影響している場合もあると言えるかもしれません。

後戻り以外の原因から歯並びが悪くなることも

矯正治療後の歯ならびは大体2年くらいで安定してきます。矯正治療中には歯の周りの組織は様々な変化を引き起こします。歯の周りの歯槽骨という骨の代謝が活発になり、骨芽細胞や破骨細胞といった歯の動きに関与する細胞の数が増加します。また、歯と歯槽骨の間には歯根膜というクッションがありますが、この歯根膜の幅が矯正治療中は広がるため、歯がグラグラと揺れるようになります。このような歯の周りの変化は矯正治療終了と共に徐々に落ち着き、2年ほどで元の代謝状態に戻ります。このため矯正治療後は2年くらいで歯並びが安定されるとされています。しかし、骨代謝が安定した後でも歯並びが悪くなるケースがあります。

例えば歯周病の進行によって骨が弱くなることにより、歯並びに影響が現れるケースです。また、親知らずが生えてきたためにほかの歯が押されてしまい、それによって歯並びが悪くなることもあります。こうしたケースは後戻りとは分けて考える必要がありますが、矯正治療後のメンテナンスをずっと続けていると、新たなデコボコができるのを防ぐことも可能になってきます。

部分矯正は後戻りしやすい?

全体的に矯正器具を着けない部分矯正の場合、「全体矯正よりも後戻りするリスクが高いのではないか?」と考える方が少なくありませんが、必ずしも「部分矯正だから後戻りしやすい」とは言えません。

かみ合わせが原因で後戻りするケースも

部分矯正で後戻りが生じる原因のひとつとして、かみ合わせの問題が考えられます。上下のかみ合わせが良ければ自分の咬む力で毎日歯の位置を安定させる働きがあるため、歯並びが悪くなるのを防ぐことができますが、例えば部分矯正で前歯だけを矯正した場合、奥歯の咬み合わせが安定していないため後戻りするケースがあります。

全体矯正でも部分矯正でも、治療後の後戻りは起こり得ます。普段の口腔環境が原因となるケースも少なくないため、あまりに気になるようであれば、一度診察を受けてみるといいでしょう。

後戻りが気になるなら?再治療が必要となる場合も

矯正治療後には後戻りが生じる可能性があるとはいえ、完全に戻るということはなく、通常は100%のうち10~30%戻る程度です 。そのため、仮に後戻りがあってもそれほど気にならない方が多いですが、不快に感じる場合は、再治療を受けるという手段があります。

再治療の流れ

再治療の方法には全体矯正と部分矯正があります。全体矯正が基本ですが、後戻りの程度によっては、部分矯正で対応可能なこともあります。新しい医院で再治療を始めると、料金が一からかかるので、最初に治療を受けた医院で治療を再開することが望ましいでしょう。

治療を受けた歯科医院・クリニックでの再治療がおすすめ

以前に治療を受けた歯科医院・クリニックを受診した場合、前回に支払った金額が考慮された料金になることが多いです。また、前回の治療方針を共有できているため、メリットが大きいと言えます。とはいえ、そうした場合でも担当医師に時間や費用について十分な説明を受け、納得してから再治療に臨みましょう。また、後戻りした場合の料金などはどうなるのか?矯正治療を始める段階で詳しく聞いておくと良いでしょう。

矯正治療には後戻りのリスクがあり、その背景にはさまざまな原因があります。しかし、きちんとメンテナンスを行えば基本的には問題がなく、治療前の状態になるまで歯並びが悪くなることはありません。とはいえ、気になるようであれば再治療を検討し、担当医師に相談してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点
新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る