東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。一般歯科治療もご相談ください。

ORANGE BLOG:矯正の不安・お悩み

いつから始めればいい?子供の歯列矯正のタイミング

e5dd03ac0b227fe5df5fc7a79ddf0d14_f70-890x500

わが子の歯並びが気になったとき、「すぐに始めたほうがいい? それとも永久歯に生え変わるまで待つべき?」と歯列矯正のスタート時期に迷うものです。

せっかく治療を始めても、スタートが早すぎれば無駄が多くなり、治療期間が長すぎたりと子供の体に負担がかかってしまいますが、タイミングが遅いと手遅れな治療があったり、本来なら回避できた永久歯の抜歯が必要になってしまう場合があります。効果的に歯列矯正を進めるためにも、最適なタイミングを理解しておきましょう。

小児矯正か大人の矯正か?

歯並びや噛み合わせが良くない状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。子供に不正咬合が見つかっても、すべて永久歯に生え変わったときにまた歯並びが変わるので、永久歯が生えそろってから歯列矯正を始めたほうが二度手間にならなくていい、と思うかもしれません。

しかし、大人になってから治療を開始すると、歯を動かすことでしか歯並びを調整できず、しかもスペース的なゆとりがほとんどないため、小児矯正よりも抜歯する可能性が高くなります。

成長期の子供なら、アゴの骨の成長を利用して歯の生えるスペースを広げ、自然な歯列矯正が可能になります。特に、反対咬合(受け口)や上顎前突(いわゆる「出っ歯」)など骨格のアンバランスで不正咬合が起こっている場合は、小児からの矯正がおすすめです。

そのほか、小児矯正には以下のようなメリットがあります。

  • 歯並びに影響する指しゃぶりや頬杖などの癖を矯正指導できる
  • 思春期を迎える前に、歯並びが悪いことによるコンプレックスを解消できる

小児矯正はいつから始める?早すぎても遅すぎてもダメ!

歯列矯正は開始が早すぎると非効率になることがあります。早く矯正を始めて乳歯が生え変わるまでずっと治療を続け、6年も7年もかかってしまっては、それはそれで問題でしょう。
大人になってから始めても歯並びをきれいにすることは可能ですし、「いつまでにやらなければ手遅れ」ということはありませんが、メリットが大きいスタート時期はあります。

小児矯正は正式には一期治療と呼ばれており、乳歯の生え変わりが終わるまでの時期が一期にあたります。対して、生え変わりが終る頃(大体12歳ごろ)から行う矯正治療は二期治療と呼ばれます。12歳ごろといえば、まだ中学生くらいですが、小児矯正と違いが分かりやすくするために成人矯正と呼ばれることもあります。一期治療のスタートにベストな時期は歯並びの状態にもよるので決まっていませんが、一般的には、乳歯と永久歯が混在する6~10歳が最適だといわれています。具体的には、上下の前歯4本ずつ、合計8本が生え変わったころが治療スタートの目安です。
しかし、歯の成長は個人差が大きく、子供によっては10歳以降で治療に入ったほうがいい場合もあります。「わが子はいつから始めるべきか?」を見極めるのは難しいので、歯列矯正の専門医を受診すると安心です。

小児矯正で使う矯正器具

小児矯正治療では、主に次のような装置が使われます。

自分で取り外せる「可撤(かてつ)式」

  • 主にアゴの横方向への拡大を目的として使う「拡大床」
  • 筋肉の力を利用して下アゴの成長を促す「機能的矯正装置(FKO、バイオネーター、ツインブロック、フレンケル装置など)」
  • 材料の弾性と随時の噛み込み運動を利用して歯列を整える「マウスピース型矯正器具(ダイナミックポジショナー、アソアライナー、インビザラインなど)」
  • 出っ歯になりそうな上アゴの成長を抑える、または成長の方向をコントロールするために使用する「ヘッドギア」
  • 受け口になりそうな下あごの成長を抑える、または成長の足りない上あごの成長を促すために使用する「チンキャップ」「上顎前方牽引(けんいん)装置」
  • 歯の裏側に沿わせたワイヤーで奥歯を固定し正常な乳歯の生え変わりを促す「リンガルアーチ」
  • 歯の裏側に沿わせたワイヤーで歯列の幅を広げる「クワドヘリックス」「バイヘリックス」
  • 場合によっては小児矯正でも成人矯正で使用するワイヤーの矯正装置「マルチブラケット装置」を部分的に使用することもあります。

装置の一部分だけ取り外せる「半可撤(かてつ)式」

自分で取り外せない「固定式」

子供のアゴの成長を促したり、上下のアゴのバランスを整えたりすることによる正常な歯列のベースづくりをメインにするため、拡大床などは治療後にあらためてマルチブラケットなどで歯列を整える治療が必要になることがあります。
二期治療で使用する矯正器具は、歯に接着したブラケットにワイヤーを通して歯を動かす「マルチブラケット装置」やマウスピース型矯正器具など、大人と同じものを使うと考えればいいでしょう。

気になる費用や治療期間は?

矯正治療は、「手術が必須」「厚生労働省が定めた疾患に起因して治療が必要」などといった特定のケースを除けば保険適応ではないため、各歯科クリニックが独自に価格設定をしています。

目安としては、乳歯・永久歯の混在する小児矯正は15~60万円、生え変わりが終った後に始める成人矯正は50~130万円と幅があります。しかし、小児矯正(一期治療)を終えてから必要に応じて成人矯正(二期治療)に移行する場合が多いため小児矯正から始めてしまうと大変高額になってしまいそうですが安心してください。大体の医院では小児矯正で支払った費用は医院側で差し引いてくれますので、成人矯正から始めたほうが安いということはありません。むしろ、小児矯正だけで終了できる可能性もあるため、早めから矯正治療したほうが費用的にはお得なことが多いです。

さらに、小児矯正(一期治療)を受けておくと、もし成人矯正(二期治療)がその後必要になったとしても、治療期間が短くて済むケースが大変多く、お子様の体の負担もぐっと楽になります。治療期間は、治療のスタート年齢や矯正法、成長の個人差によって大きく異なってくるため、一概にどれくらいとはいえません。

例えば、軽い不正咬合なら半年で済む場合もありますが、アゴの成長が落ち着く15歳ごろまで治療が必要な場合、7歳からスタートしたとすると治療に9年前後かかる計算になります。なので、矯正治療はスタートが速すぎても遅すぎても良くないと言えます。出来るだけ定期的に矯正歯科で検診を受けることで適正なスタート時期を見定めてもらうようにしましょう。

矯正治療期間は、平均的には小児矯正(一期治療)で1~3年前後、成人矯正(二期治療)では1~2年程度かかることが多いようです。近年は、治療期間を短縮する治療法も増えていますので、選択肢によっては希望に合った期間内に終了できる可能性もあります。

各器具の特徴をつかんでクリニック選びの参考に!

成長期の子供時代は、歯列矯正に最適の時期です。小児矯正を受けていれば、たとえ大人になってから歯が動いてしまったとしても整え直しやすいなど、乳歯と永久歯の混在時代から治療を受けるメリットはたくさんあります。

最適な開始時期は、成長の個人差などによって一人ひとり異なります。その子に合った時期にスタートするためにも、歯並びが気になったら早めに歯列矯正の専門医へ相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度 結婚式に間に合わせる矯正治療 矯正治療患者の妊娠についての注意点
新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る